風評被害にあって悩んでる!そんな時に行う対策手順とは

Posted by

ネット風評被害に直面した時

インターネット時代により、個人でも企業でも情報発信が可能になり、思った事をネット書き込みで表現出来るようになりました、それが原因で風評被害に合うパターンもあります。企業ならば開発した商品やサービスへの評価が売り上げに直結する事もありますし、職場情報等を漏らされた事が原因で人材が集まらなくなる事もあるでしょう。個人でも風評被害を受けてそれが原因で進学や進路、または結婚等の人生の岐路で前に勧めなくなる事もありますし、悩んで抱え込まずにどんな準備して対応するべきか知る事が重要です。

風評被害は拡散されると被害が甚大

インターネットによって世界中の人やモノ、サービス、知識等が結びつくようになり、大きな力になっていますが、その反面で悪意ある書き込みや評判等が世界中に一気に拡散するようになっています。ネットの匿名性を利用して誹謗中傷したり、人権侵害や風評被害と言った被害は拡大しており、何の根拠も無く憂さ晴らしだけで相手の評価を下げるような書き込みが後を絶たない状態です。根拠の無い噂や悪口はネット時代以前なら月日が経つと共に風化しましたが、現在ではそれが消える事が無く、何時でも不特定多数の人が閲覧出来ますし、社会的評価を下げる書き込み等の効果は永続的と言えるでしょう。

風評被害対策で個人特定出来るのか

風評被害に悩む方は、被害の元になっている書き込みがある掲示板の管理者に対して削除するように要請する事です。プロバイダや掲示板管理者に対して、風評被害情報の削除を求めて裁判所に仮処分申請を行う事も有効であり、加害者を特定出来るプロバイダー側としても、プライバシー厳守からも加害者の情報提供は難しい側面があります。ただし、プロバイダ責任法によって条件次第では加害者情報の開示請求が出来る事が規定されています。警察や弁護士、又は専門業者に相談して対策を進めていけば、状況次第で加害者を突き止める事も可能です。

誹謗中傷対策への関心度は、全国規模で高まってきており、中でも顧客情報の管理が必要な企業にとっては重要なテーマとなっています。