今すぐ実践!ネットで広まる風評被害の対策法

Posted by

風評被害はどうして起きる?

企業や店舗を運営する方はもちろん、個人であっても気を配らなければならないのが、風評被害対策です。風評被害とは、根も葉もないでたらめな噂によって売り上げが減少することなどを指しますが、事実を拡大解釈されてしまうことも含まれます。風評被害は古来から人間社会に存在するものですが、マスコミが発達すると同時に、インターネットが普及したことによって情報の拡散性は加速度的に高まったため、より高度な対策が求められるようになりました。

誰でもできる!未然に防ぐための風評被害対策

現在もっとも深刻な風評被害は、インターネットによって生じると言ってもおおげさではありません。たとえば、ある企業の従業員が不適切な写真をSNSに投稿したとします。すると、大半の従業員は真面目に勤務しているにもかかわらず、企業自体が問題を起こした従業員と同一視されてしまうのです。また、事故や自然災害の発生時には、安全のための災害情報がSNSで拡散されるため、地域全体がネガティブな印象を持たれます。このような風評被害を防ぐには、従業員に公私を分けてSNSを使用させることや、地域が普段から主体的に観光情報を発信することなどが大切です。

それでも風評被害が起きたら、どう対策する?

いくら未然に対策しても、風評被害を完全に防ぐことは困難です。風評被害が起きた時は、情報発信によって対策しましょう。もっとも悪いのは、肯定も否定もせずに黙ってしまうことで、マスコミの視聴者やSNSの利用者に「何か隠し事があるのではないか」と思われてしまいます。具体的には、従業員が問題を起こしたら、それを認めて陳謝するとともに、再発防止の教育をアピールしましょう。被災した地域であれば、何が危険かを明確にした上で、安全性と復興の取り組みについても情報発信してください。ポジティブとネガティブという両面を提示することで、より情報の信頼性が高まるのです。

風評被害対策として、まずそのサイトの管理者に連絡をとり、対応してもらいます。管理者がいない場合、警察に相談するという選択肢もあります。