お店にLEDを入れるメリットと注意点3選

Posted by

メリット!電気代の安さと寿命は秀逸

LEDは半導体を用いた非常に効率の良い発行方法で、フィラメントと言われる金属素材に電気を通して光らせる白熱灯がエネルギーの多くを熱に変えてしまうのに対して、LEDは流れる電子を効率的に光に変えています。そのため、消費電力は白熱灯の8分の1程度に抑えることが出来る上、白熱灯に比べると、熱によって素材を痛めることが少ないため、白熱灯の30倍以上の寿命を実現しています。なので、電気代の節約に役立つのはもちろんのこと、高い天井などの電球交換のために、危険が伴ったり、業者に手数料を支払う機会も減らすことができます。

メリット!紫外線が少なく虫や商品の日焼けも防止

LEDの光は、特定の波長に偏った光成分を持つ特徴があります。白い色のLEDは、光の三原色である青・緑・赤の光成分が必要です。そこで、青や紫色の光を出すLEDに蛍光体を通して緑や赤の光を作り出したり、赤・緑・青の光の3原色を出すLEDを組み合わせて白い色にしています。そのため、青や紫よりも高い波長の紫外線をあまり発生していません。紫外線が低減されるメリットの一つは、虫が寄ってきにくくなることです。虫は太陽の光に近寄る傾向がありますが、太陽の光は紫外線で感じています。また、紫外線には、色や素材を劣化させる働きがあるので、商品のパッケージが日焼けのように退色することを防ぎます。

ご注意!配光や赤い商品をきれいに見せるために

LEDの光は、半導体の断面のから真っ直ぐ発生します。その後、光を拡散する素材を通して様々な方向へ散らばって行きます。光を効率的に散らばすために多くのメーカーのLED電球は中心から150度程度の角度に光を分散させています。ですので、天井も明るくしたいと言う場合は、配口角が広いLED電球を選ぶか、複数のLED電球の配置に気を付けて天井にも光が行くようにする必要があります。また、LED電球の中には、赤色の成分が少ないものがあります。このLED電球を利用すると、肉やマグロのような赤い商品はくすんだ色に見えてしまいます。これらをきれいにするために、専用のフィルターや電球が販売されていますので、赤い商品を扱う場合は気を付けるようにしましょう。

ledパネルというのは、省エネ性能に優れている点が魅力となっており、長時間の使用でも電気代を抑えられます。

スポンサードリンク