ネット誹謗中傷に対する対応

Posted by

ネット誹謗中傷は刺激しない

インターネットでは、さまざまな情報があり、見えない相手とのコミュニケーションなどもできるため、利用すると大変便利です。しかし、さまざまな人が集まっているため、時にはネット誹謗中傷などをみかけることもあります。会話に対しての誹謗中傷や、個人的な会話での誹謗中傷などさまざまなパターンがありますが、この手のものを見かけた場合には、なるべく相手を刺激しないことが大切です。相手がどのような人物かもわからない状況で、煽ったり否定したりすると、余計に相手の感情を逆なでしてしまうこともあるためです。

誹謗中傷しないことも大切

インターネット上で、さまざまな意見があり、いろいろな人の考え方などを学ぶことができます。しかし、自分の意見と食い違ったり、反対の意見などを見かけることもあるでしょう。しかし、自分の意見が正しいと思っても、安易に否定する前に、まず気持ちを落ち着けることも大切です。感情的になってしまうと、相手に対してムキになり、自らが誹謗中傷をしてしまうこともあります。そのような状態にならないためにも、ネットでは、他人の意見も尊重しながら冷静になることも必要です。

ネットでは誰とでも仲良く

インターネット上では、いろいろな人とめぐり合うこともあるでしょう。ゲーム上で知り合ったり、友人になることや、チャットや掲示板などで知り合う人、その他にも、インターネットを通じて交流や、会話などをすることもあります。相手を直接みることができないインターネット上では、相手との会話などから相手を想像することです。仲良くなるためには、相手を思いやり、相手を受け入れることが大切です。相手との交流を深めるためには、誹謗中傷や否定、拒否をせず、受け入れ相手の意見をしっかりと聞くことがもっとも大切なことだといえるでしょう。

個人名を騙った逆SEOの勧誘に注意が必要です。差出人が個人名で手書きで社長宛、差出人の個人的なつながりで誹謗中傷を消しましょう的な文面には特に注意をしましょう。